アボのりじゃこ汁

スープ作家有賀薫さんの本をいただいたので

それにならって作ってみた。

ただ、最後には味噌を入れてしまうのりはお許しいただきたい。

無水鍋の底にバターをなじませ、アボカドをスプーンでくり抜いて入れ、豚肉、韓国のり、ちりめんじゃこを入れて煮る。

水を加えて、麦味噌と塩で味を整え、最後にもう一度のりやごまをまぶしても良い。

まろやかになる具材しかないので当然味もまろやかである。

カレーでたとえるならバターチキン級のまろやかさであるが、もちろんバターチキンではない。

食べ物の味を食べ物でたとえてはいけないということを学びつつも、簡単にまろやかな味噌汁ができるのでとてもおすすめしたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中